数ある実績と豊富なスタッフが揃った大阪のゴミ屋敷業者

サイトマップ
ゴミ屋敷になる前に

ゴミ屋敷の主は高齢者が多い理由

ワイドショーなどでも頻繁に取り上げられるゴミ屋敷。火災の原因になったり、スクールゾーンでは小学生の通学の妨げになったりとさまざまな問題を抱えています。ゴミ屋敷に住んでいる人を見ると、多方50代後半以降の高齢者が多いと言われています。なぜ若い世帯に比べゴミ屋敷を作ってしまうかの背景には、いくつかの要因があります。
まず若い世代はエコを心掛けるという意識がある一方、住まいの快適さやインテリアに重点を置いた住まい作りを行っています。それに対し、高齢者の中には、戦後の貧しい時期にモノがなくて苦労した経験や、捨てるのがもったいないという感覚が優先することが多いのです。断捨離や収納といったワードが当たり前に生活にある世代と、モノを捨てるのは悪しきことだという考え方の違いがそこにはあるのです。
残念ながら長年培ってきた考え方を変えさせるのは大変なことで、多くのゴミ屋敷住人は頑なにその生活スタイルを変えることを行いません。できるだけ親族の者が積極的に掃除業者の手配などをして、半ば強引に進めることが1つの対策となるでしょう。大切なのはスッキリと片付いた心地よい空間での暮らしを実際に体感してもらうことです。不衛生で異臭なども発生する場所での暮らしで麻痺した感覚を、本当の心地よさで解きほぐしていくしかないのかもしれません。

TOP